お知らせ

    2018/12/28 specials

    第3回国際大会に関するエピローグ

    皆さんの支えがあるからこそ、今年も第3回目の大会を開催する事が出来ました。
    参加した皆さんに感謝の気持ちを忘れずに来年の大会に向けてがんばっていきたいと思います。
    そして、今年の大会を振り返ってみてエピローグをご報告致します。


    「GOLFZON国際トーナメント」
    2018年9月1日~30日まで日本国内で実施された「GOLFZON国際トーナメント日本代表選考予選大会」。
    期間内にGOLFZON『Real』または『VISION』を使用し、「GOLFZON Anseong Q」をプレー。
    男性グロス1位、女性グロス1位が韓国で実施された決勝大会へ進出しました。
    男性1位:朝隈健次郎選手 -12
    女性1位:工藤ゆきの選手 -1




    「第3回GOLFZON国際トーナメント」決勝大会
    決勝大会へ進出した2名の選手は2018年10月17日~20日の日程で韓国へ。
    大会会場がある韓国大田市(韓国で5番目に大きな都市)までは仁川・金浦空港から約200キロ。
    長時間の移動の後、2選手は大会会場『GOLFZON ZOIMARU』へ移動し、早速練習をスタート。
    韓国で行われる決勝大会では、距離の表示は全てメートル表示に統一されている為、まずはその距離感をつかむために自身のクラブの飛距離を徹底的にチェック、夜遅くまで練習に励みました。




    「第3回GOLFZON国際トーナメント」決勝大会当日
    決勝大会は、10月18日(木)9時から行われ、まずは開会式で出場国が紹介。
    第3回大会には11ヵ国、18名の選手が出場し、午前中は国別対抗戦が行われました。
    ちなみに各国で行われた予選大会では、12か国、1,266名がエントリーしました。


      


    国別対抗戦結果
    1位:中国&インドネシアチーム
    2位:中国チーム
    2位タイ:米国チーム
    4位:ベトナムチーム
    ※日本チームは7位


    昼食休憩をはさみ、午後はいよいよ個人戦へ突入!
    朝隈選手は、サウジアラビアとカナダの選手とプレー、工藤選手は、メキシコとカナダの選手とプレーしました。



    個人戦結果
    朝隈選手:3位(+2)
    工藤選手:10位(+9)
    2回目の出場となる朝隈選手、初出場の工藤選手ともに10位までの入賞を果たしました!




    「第3回GOLFZON国際トーナメント」スペシャルマッチ
    大会翌日は、今大会で使用したコース『GOLFZON Anseong Q』へ移動し、フィールドでのスペシャルマッチが行われました。




    朝隈選手、工藤選手ともにグリーンスピードの速さに苦戦するも、朝隈選手は84、工藤選手は85でプレー、予選会から使用してきたシミュレーションゴルフでの練習が生かされる結果となりました。


    また韓国のゴルフ場では、ピンの周りにOKサークル(コンシダーサークル)があり、その中に入ればOKとなります。
    特に冬場はグリーンが凍るので、韓国内のゴルフ場の多くは採用しているようです。そんなルールの違いも面白いですよね!


    韓国のゴルフ文化や食文化に触れ、また他国の選手とも“ゴルフ”という共通言語を通じて
    ゴルフを楽しみ、競うことのできる『GOLFZON国際トーナメント』、是非みなさんも来年チャレンジしてみてはいかがですか?




    Announcements